歯科の手術台

title インプラントの利点

歯科インプラント治療とは、虫歯や歯周病、その他、外傷によって歯を失ったり、生まれつき歯が無い場合など、その部位の顎の骨にインプラントを埋め、それに義歯を付ける治療方法です。
材料は、強度があり骨と結合する性質を持つ金属のチタンやチタン合金を使用します。

矯正歯科でのインプラント治療のメリットは、非常に良い治療結果が得られる点と、ワイヤーを使用した矯正歯科よりもはるかに時間が短縮できる点です。

このような方法では修正に時間がかかります。
治療後は歯ブラシ等による毎日の口腔清掃がとても大切です。

歯科のレントゲン撮影

title インプラント矯正歯科

そもそもインプラントとは、体内に埋め込まれる器具の総称です。
その中でも、矯正歯科などの為に歯科で使用されるインプラントは、人口歯根、口腔インプラント、歯科インプラントがあり、総称してインプラント、と呼ばれることが多いです。
現在では、歯列の美しさを求める傾向にあり、虫歯の治療以外に矯正歯科を希望される方も多いようです。
また、小さなお子様のほうが矯正し易いこともあり、幼少期からの矯正歯科をされることも少なくありません。
矯正することによって、噛み合わせがよくなり、健康上にも良い影響を与えることも人気の秘訣でしょう。

インプラントによる矯正は専門の矯正歯科にかかることも多く、そうした専門医院も随分増えました。
そして、その技術の進歩には目を見張るものであります。
現在の歯の状態から、今後予測される歯の状態を詳しく検査して、矯正の必要性と有効性を明確に説明してもらうことができます。
歯列は、遺伝的なもの、噛み癖などで、歪みを生じる場合が多く、以前は治療を試みることすら考えず、諦めていた方も多かったかもしれません。
あるいは、費用の面で諦めていた方もあったかもしれません。

しかし、見た目の美しさ、健康への配慮、歯磨きが行き届きやすくなり、歯そのもの健康も保てる、となればインプラントを利用した矯正の需要が高まっていることも納得できます。
費用も以前よりずっと手の届きやすい設定になってきているので、今後も広がりを見せることが予測されます。

歯科の器具類

title 矯正歯科の概要

矯正歯科とは、歯並びをきれいにすることを目的とした歯科治療のことです。
出っ歯や歯並びの悪さは、見た目の美しさを損なってしまうため、それがコンプレックスとなって人前で笑うことが出来なくなるなどの精神的にマイナスな問題を引き起こしたりします。
またきれいな歯並びの場合に比べて歯ブラシが行き届きにくくなるため、虫歯や歯周病などの原因となる歯垢がたまりやすくなるといったデメリットがあります。

しかし、矯正歯科治療で歯並びをきれいにすることでそれらの問題を解決できるため、治療が望ましいものといえます。

矯正歯科の治療には、一般的にワイヤーを用いた方法が行われています。
しかしワイヤーは見た目の悪さや金属アレルギーを引き起こす場合があるなどのデメリットがあります。
そのため、最近では目立たない歯の矯正方法としてマウスピースを用いた方法があり、増えてきています。

マウスピースを用いた方法は、透明なため歯を矯正していることを周囲の人に気づかれにくいという面に加え、取り外しが可能で簡単に洗浄することが出来る。
衛生的に使えることや金属アレルギーを引き起こす心配がないといったメリットがあります。

また、さらに新しい矯正歯科治療にインプラント矯正があります。
インプラント矯正は、固定源となる歯がない場合などの代用としてインプラントを埋め込み固定源として使用し歯を動かすという治療で、他の歯の矯正方法に比べると治療期間が大幅に短くなるといったメリットがあります。
しかし、インプラント矯正は新しい治療法のため、治療の行える医院がまだ少ないといった点もあります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031